白くなめらかなお肌をキープするには、紫外線による肌の影響をできるだけ避けて、美白ケアに力を入れる必要があります。紫外線を浴びると、肌ではメラニン色素が生成されて色が黒くなり、くすみやしみができやすくなります。肌を紫外線が守るには、日焼け止めクリームをこまめにつけたり、UVカット加工をされた傘や帽子を使うことです。紫外線に対する備えは、年間通じて行うようにしましょう。たとえ夏でなくても、太陽が見えない曇りの日でも、紫外線は地表に届いているためです。シミやくすみを作らないためには、美白化粧品を使用したケアも効果的です。今あるシミを減らし、新たなシミができないように抑制する効果が美白成分にはありますので、積極的に使っていきましょう。お肌の美白に関心がある人がよく利用しているものは、ハイドロキノンや、ビタミンC誘導体です。ハイドロキノンは皮膚に及ぼす影響が強いので、化粧品に使われている場合は含有量をチェックをしておく必要があります。しみやくすみの原因になるメラニン色素がふえないようにするには、カモミラET、コウジ酸、トラネキサム酸等が有効です。美白成分によっては、今できているシミを減らすことは難しいけれど、今後シミになるメラニンが増加しないようにできるという性質を持っています。美白化粧品を使用しても変化を実感できないのは、肌の悩みにあった化粧品を選んでいない可能性があります。自分の肌について把握した上で、美白ケア効果が見込める成分が使われているスキンケア用品を選びましょう。